JT株は買ってはいけない?高配当株はリスク?3つの理由から株価の将来性を考察
悩む男性

「JT株は買ってはいけない?高配当株はリスク?株価の将来性を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「JT株を買おうか迷っている人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • JT株は買ってはいけない理由(3つのリスク)
  • JTと同業他社を業績・株価・配当性向から比較
  • JT株は今後どうなる?株価の将来性を市況から考察

なぜ、JT株は買ってはいけない?

そして、JTの株価は今後どうなるのか?
JT株の購入を検討している方や株式投資のリスク分散したい方にとって、非常に気になる情報です。

気になるJT株は買ってはいけない理由と今後どうなるか将来性について考察していきます。

先に結論をお伝えすると・・・

結論、JT株を取り巻く事業環境は厳しい。

その厳しさは年々増す一方です。
実際、たばこ市場の縮小やESG投資の流行は強まりをみせています。

さらに、70%を超える配当性向に対する減配リスクも避けられません。

これらのリスクを払拭するのは、そう簡単なことではないでしょう。

そして、JT株にしても、株価の下落はいつ起こるか誰にも予測できません。

今では、物価ばかり上がって、でも給料は上がらない。
先の見えない時代だからこそ、「将来への備え」は重要です。

ではどうすれば、株式投資によるリスクを抑えられるようになるのか?

JTに限らず、株価下落に備えておくべき「考え方」と「具体策」があります

日本たばこ産業(略称:JT)とはどんな会社?

JT株は買ってはいけない理由に触れる前に。
はじめに、日本たばこ産業とはどんな会社か?基本情報をまとめます。

名称 日本たばこ産業株式会社
本社所在地 東京都港区虎ノ門4-1-1
設立 1985年4月1日
従業員数 連結 52,640人(2022年12月31日現在)
単体 5,819人(2022年12月31日現在)
資本金 1,000億円
発行済株式 2,000,000,000株(2023年6月30日現在)

業績

まずJTの業績についてです。

事業内容

次にJTの事業内容は以下の通りです。

JTの事業内容

  • たばこ事業
  • 医薬事業
  • 加工食品事業

売上に占める割合が最も高い事業は「たばこ事業」
2022年度実績(2兆6,578億円)に対し、たばこ事業の売上比率は91%を占めています。

つまり、今も昔も名実ともに「JT」は「たばこの会社」と表現できます。

配当・株主還元

JTの配当・株主還元についてです。

JTの1株あたり配当金の推移は以下の通り。
今期(2024年度)の予想は、前期実績と同じく194円です。

JTの1株当たり配当金 中間配当 期末配当 年間配当
2024年度(予想) 97円 97円 194円
2023年度 94円 100円 194円
2022年度 75円 113円 188円
2021年度 65円 75円 140円
2020年度 77円 77円 154円
2019年度 77円 77円 154円
2018年度 75円 75円 150円

(出典:JT「株主還元方針・配当」

そして、株主優待は廃止されました。

過去10年の株価推移

そしてJTの過去10年の株価推移についてです。

2015年~2016年につけた高値を最後に、長期にわたって下落トレンドを形成。

2020年までの約4年間で、半値以上に株価は下落したことがわかります。

ですが、足元では株価の上昇がみられます。
この株価上昇の理由として挙げられるのが、好調な決算。

実際、2023年12月期1Q決算で2桁の増収増益を発表。

特に海外たばこ事業の伸びが好調。
値上げ効果と為替による円安メリットが業績を押し上げ、買いを集めているようです。

JT株にしても、株価の下落はいつ起こるか誰にも予測できません。

さらに今では、物価ばかり上がって、でも給料は上がらない。
先の見えない時代だからこそ、「将来への備え」は重要です。

ではどうすれば、株式投資によるリスクを抑えられるようになるのか?

JTに限らず、株価下落に備えておくべき「考え方」と「具体策」があります

JT株は買ってはいけない?3つのリスク

JTの株価は、足元では上昇傾向にあります。

なんですが、意識しておくべきリスクもあります。

具体的なJT株は買ってはいけない3つのリスクについて解説します。

【リスク1】国内たばこ市場縮小による業績への影響

まず1つ目のリスクが「国内たばこ市場縮小による業績への影響」

国内たばこ市場は縮小傾向にあります。
実際、国内における紙巻きたばこの販売本数をみても明らか。

上図の通り、紙巻きたばこの販売本数は、年々減少が続いています。

さらに成人喫煙率は、2019年で27.1%。
10年前の割合(38.2%)と比較しても、10ポイント以上減少しているのがわかります。

今後も、国内におけるたばこ市場は縮小が予想されています。
縮小が予想される主な理由として、以下のような要因が挙げられます。

国内たばこ市場が縮小する理由

  • 健康志向が高まっているから
  • 若者のたばこ離れが加速しているから
  • たばこ税の見直し(増税)が継続的に行われているから

当然、喫煙者が減れば、JTの業績への影響は避けられません。
なぜなら、JTの売上収益のうち、国内たばこ事業の売上は3割弱を占めているから。

喫煙者の減少で、株価への影響も避けられない。
ですので、今後の将来性を鑑みれば、JT株の購入はリスクが高いといえます。

【リスク2】世界的な喫煙率低下とESG投資家からの敬遠

次に2つ目のリスクが「世界的な喫煙率低下とESG投資家からの敬遠」

喫煙率の低下は、日本だけではありません。
WHOの見通しによると、世界的に喫煙率は低下(喫煙者の減少)が報告されています。

世界的な喫煙率低下が進む背景には、以下のような要因が挙げられます。

世界的な喫煙率低下が進む背景

  • WHOによる「たばこ対策」への呼びかけ
  • 各国政府や企業のたばこ消費減少への取り組み
  • 健康意識の高まりや広告の規制による消費の減少

各国政府や企業がたばこ対策へ乗り出しています。
なので、現在の市況から鑑みても、たばこ産業は逆風以外の何ものでもない。

さらに、株価への影響が大きい海外投資家からも敬遠されがちです。
なぜなら、環境や社会に配慮した事業を手掛ける会社に注目が集まる「ESG投資」が現在のトレンドだから。

実際、JTの海外投資家比率を見ると、減少の一途をたどっています。

JT|株式の状況
(所有者別構成比)
外国人 個人 法人 金融機関
2023年度 9.78% 35.62% 2.06% 14.64%
2022年度 12.10% 32.58% 1.74% 15.21%
2020年度 12.18% 31.44% 1.51% 15.33%
2018年度 19.98% 22.38% 1.13% 19.94%
2016年度 30.92% 14.79% 0.83% 17.33%
2015年度 32.10% 14.02% 0.59% 17.15%

(出典:JT「有価証券報告書等」

2022年度における海外投資家比率は9.78%。
2015年度と比較して、22ポイントも減少しているのがわかります。

つまり、たばこ産業は今のトレンドからも避けられているということ。
今後もたばこ需要の高まりが見込めないのであれば、短期だけでなく長期保有もリスクは高いといえます。

【リスク3】70%を超える高い配当性向に対する減配への懸念

そして3つ目のリスクが「70%を超える高い配当性向に対する減配への懸念」

JTの配当性向(連結)は以下の通り。
毎期70%を超える高い配当性向を実施しているのがわかります。

JT株の配当性向 配当性向(連結) 年間配当金 当期純利益(連結)
2024年度(予想) 75.7% 194円 455,000百万円
2023年度 71.4% 194円 482,288百万円
2022年度 75.4% 188円 442,716百万円
2021年度 73.4% 140円 338,490百万円
2020年度 88.1% 154円 310,253百万円
2019年度 78.6% 154円 348,190百万円

(出典:JT「有価証券報告書等」

今期配当金も前期と同じく194円を予定。
高い配当金を出してくれるのは、投資家にとっては嬉しいこと。

なんですが、配当性向が高すぎる銘柄には注意が必要です。
なぜなら、業績が悪化すれば一転して「減配」となるリスクが高まるから。

実際、JTの売上収益のうち3割弱を占める国内たばこ事業はすでに縮小傾向にあります。
さらに、6割を超える売上比率を占める海外たばこ事業についても、リスクを警戒する動きは強まっています。

特に警戒が強まるのは「ロシア・ウクライナ情勢」
ロシア市場が占める割合は、2022年度実績で約22%にのぼるとされています。
(出典:JT「2022年度 決算説明会」

これらの市況から、懸念しない投資家はいないでしょう。
従って、JTの配当性向の高さに対するリスクには、今後も注意する必要があります。

JT株にしても、株価の下落はいつ起こるか誰にも予測できません。

さらに今では、物価ばかり上がって、でも給料は上がらない。
先の見えない時代だからこそ、「将来への備え」は重要です。

ではどうすれば、株式投資によるリスクを抑えられるようになるのか?

JTに限らず、株価下落に備えておくべき「考え方」と「具体策」があります

JTと同業他社を業績・株価・配当性向から比較

ここまで、JTのみにフォーカスし株価や事業の将来性を解説してきました。

ただ1社のみの分析では結果に偏りが生じます。
同業他社と比較・分析することで、結果の確度はより高まります。

ここでは、JTと同業他社を業績・株価・配当性向から比較していきます。

食品業界の銘柄比較

まずJTと食品業界の銘柄比較をまとめた表が以下の通り。

比較表(2023年度) 日本たばこ産業
(2914)
アサヒグループホールディングス
(2502)
キリンホールディングス
(2503)
売上高 2兆8,410億円 2兆7,690億円 2兆1,343億円
当期純利益 4,822億円 1,640億円 1,126億円
営業利益率 23.67% 8.85% 7.04%
自己資本比率 52.60% 46.55% 39.47%
ROE
(自己資本利益率)
13.09% 7.26% 10.67%
EPS
(1株当たり純利益)
271.69円 323.82円 139.16円
PER
(株価収益率)
13.42倍 16.24倍 14.85倍
PBR
(株価純資産倍率)
1.69倍 1.08倍 1.48倍
配当性向 71.4% 37.4% 51.0%
配当利回り 5.32% 2.30% 3.44%

※2023年12月末時点(数値はEDINETYahoo!ファイナンスから引用)

【比較1】営業利益率は20%超えの高収益事業

「営業利益率は20%超えの高収益事業」

【比較2】配当利回りは7%超と高配当銘柄の代表格

「配当利回りは7%超と高配当銘柄の代表格」

【比較3】配当性向の高さには今後の注意が必要

「配当性向の高さには今後の注意が必要」

JT株は今後どうなる?株価の将来性を市況から考察

ここまで、JT株は買ってはいけないリスクを解説してきました。

改めて、意識すべきリスクを挙げると以下の通り。

意識すべきJT株のリスク

  • 国内たばこ市場の縮小
  • ESG投資家からの投資敬遠
  • 高い配当性向に対する減配懸念

状況を鑑みJT株は今後どうなる?株価の将来性を市況から考察していきます。

【考察1】事業環境のリスクは依然として高い

まず前提として「事業環境のリスクは依然として高い」

【考察2】人間の嗜好や行動変化への対応がカギ

さらに「人間の嗜好や行動変化への対応がカギ」

【考察3】たばこ事業以外への多角化が急務

そして「たばこ事業以外への多角化が急務」

【Q&A】買ってはいけないJT株に関するよくある質問

最後に買ってはいけないJT株に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】買ってはいけない高配当株の特徴は?

悩む男性2

「買ってはいけない高配当株の特徴は?」

【質問2】JT株は長期保有におすすめの銘柄ですか?

悩む男性2

「JT株は長期保有におすすめの銘柄ですか?」

【質問3】逆に買っておくべき株はどんな銘柄ですか?

悩む男性2

「逆に買っておくべき株はどんな銘柄ですか?」

まとめ:JT株は買ってはいけないリスクと株価の将来性

JT株は買ってはいけないリスクと株価の将来性を考察してきました。

改めて、JT株は買ってはいけないリスクをまとめると、

JT株は買ってはいけないリスク

  1. 国内たばこ市場縮小による業績への影響
  2. 世界的な喫煙率低下とESG投資家からの敬遠
  3. 70%を超える高い配当性向に対する減配への懸念