「加古川産の美味しい」を発信!創業90余年のかき料理専門店がつくるご当地お弁当の開発

加古川ご当地PR弁当の開発
プロジェクトオーナー

有限会社かき庄

地場産 フード

2%

  • 現在
  • ¥11,000
  • 目標金額
  • ¥500,000
  • 参加人数
  • 3人
  • 残り日数
  • 39日
【本プロジェクトは、加古川市の魅力的な事業を支援する ーふるさと「はりま」応援ファンドー プロジェクトです。】
 


>このプロジェクトについて



加古川の美味しいものをもっと知ってもらいたい!

私たちは、加古川で大正15年よりかき料理専門店として、今年で91年目を迎える飲食店です。


加古川で牡蠣が捕れるのではなく、先代は広島よりやってきて加古川で商売を始めました。最初は、広島から牡蠣を仕入れての営業でしたが、現在は、兵庫県などから仕入れ、なるべく地産地消での商売を行っております。

飲食店は、あまり横のつながりがつくれない職種ですが、現在、加古川市では、いろんな飲食店が共同していろんなイベントを行っています。

 
恵幸川鍋
加古川市役所の自主研究グループが地元食材を用いた〝最幸〟の鍋「恵幸川鍋(えこがわなべ)」で「フード・アクション・ニッポン アワード2015」に約1000点の中から見事!入賞を果たし、加古川市の飲食店が賛同し、いろんな店舗が各自でその店のオリジナリティのある鍋を提供しています。

/data/project/208/えこがわなべ.jpg /data/project/208/エコガワ鍋記事.jpg
/data/project/208/えこがわなべ イベント.jpg
加古川市のイベントにも参加。


加古川ギュッとメシ

地元・加古川への愛がギュッ(牛)と凝縮!
「加古川ギュッとメシ」は、平成29年2月9日に誕生した、牛肉を使いこなす町・加古川の新ご当地グルメです。


/data/project/208/ぎゅっとめしロゴ.png 


/data/project/208/ぎゅっとめし写真.jpg
当店でも加古川和牛の釜めしを提供しています。


このようなイベントに当店も参加していく中で、加古川には、他の市に誇れる食材がたくさんあることを知りました。そこで、加古川の美味しいものをもっと知ってもらうために、お弁当を作成したいと考えました。そのためのデザイン費、広報費の資金を募集いたします。



/data/project/208/弁当写真.JPG
お弁当の食材(例)

かき庄かき佃煮
「岡田本家」のお酒を使った 鶏肉の酒蒸し
「大浜」  の海苔を使った 牡蠣と伝助アナゴの海苔巻き天ぷら
「加古川野菜」を使った 野菜のお浸し
「オクノ」 の玉子を使った だし巻き
加古川和牛のしぐれ煮
「鹿児の華米」を使った ごはん
「高松味噌」の白みそを使った 魚の西京焼き
「加古川野菜」を使ったサラダ
 


>弁当の食材について


かき庄 かき佃煮
完全手作りの無添加で、かき本来の旨味を堪能いただける、かき庄自慢の一品(全国水産加工たべもの展 佃煮部門 大阪府知事賞 受賞)した「かき佃煮」

/data/project/208/かき佃煮.jpg

 
かき庄 加古川牛のしぐれ煮
加古川の地で自家配合飼料と加古川の伏流水で愛情込めて育てられた加古川和牛を丁寧に炊き上げた「加古川和牛のしぐれ煮」

/data/project/208/しぐれ煮写真.jpg

 
オクノの玉子   
兵庫県南部、瀬戸内海に面した温暖な播州平野、加古川市で、鶏の健康面にも十分に配慮した自家配合飼料を与え「昔ながらのたまごの味わい」品質にこだわった「オクノの玉子」

/data/project/208/オクノの玉子.jpg


 
高松清太夫老舗の味噌   
兵庫県加古川市で慶弔18年(1613年)に姫路藩主・池田三右衛門守る(輝政公)から同業者の麹製造業取締役を命じられて、400年前から創られてきた「高松味噌」

/data/project/208/味噌写真.jpg

 
岡田本家の酒   
岡田本家は1874年(明治7年)に加古川市で 酒造りを始め、兵庫県最大の川「加古川」の伏流水と兵庫県産の米を100%使用し、平成24年からは米の一部を自社栽培で、より地産地消を目指して地域に根ざした加古川の地酒「盛典」


/data/project/208/せいてん.jpg
 

大濱の海苔   
全国でも有数の海苔の生産地である兵庫県加古川の栄養豊富な海水環境で海苔の養殖を60年間行ってきた「大濱のり」

/data/project/208/大濱のり.jpg

 

加古川の野菜
加古川の北部では、四季折々の美味しい野菜がつくられており、神戸の方からもわざわざ買いに来られる「加古川の野菜」

/data/project/208/やさい.jpg
 


>プロフィール


有限会社かき庄 
代表取締役 畠山愛子(はたけやまあいこ)

/data/project/208/プロフィール写真.jpg

大正15年創業かき料理専門店。
平成6年に会社設立をし、平成28年、創業90年になる。


会社設立に伴い、仕出し・弁当事業もスタートさせる。
平成18年、「かき庄 かき佃煮」を商品化。
平成23年、「加古川和牛のしぐれ煮」を開発。
平成28年、「恵幸川鍋」に賛同し、販売開始。
平成29年、「新ご当地グルメ「加古川ギュッとメシ」をスタート。


公式サイト: http://www.kakisyou.com



>リターン商品について

 
1)かき庄ギフトセット  3,000円

かき庄かき佃煮(100g入)×1個
加古川和牛のしぐれ煮(100g入)×1個
牡蠣塩(25g入)×1本

/data/project/208/projectfund.jpg
 
2)加古川特産品セット 5000円       

かき佃煮×2箱
加古川和牛のしぐれ煮×1箱
「高松味噌」の甘酒×1袋
「岡田本家」の盛典(750ml)×1本
「オクノ」の玉子×6玉
「大浜」の海苔(全判10枚入り)
/data/project/208/5000円.jpg
 
3)かき庄お食事券5000円とかき庄ギフトセット  10,000円

かき庄かき佃煮(100g入)×2個
加古川和牛のしぐれ煮(100g入)×2個
かき庄お食事券5000円分

/data/project/208/10000円.jpg

 

>最後に

 
かき庄は、加古川で91年間商売をさせていただいています。

私が加古川の地に来て40年あまり、39歳でかき庄を引き継ぎ、今に至ります。

振り返れば、子育てと商売との両立での苦悩やお店の経営困難など、多くの壁がありすぎて、それを振り払うために、ただひたすらに過ごしてきたように思えます。

丹波の山奥で育った私が、この地でかき料理と出逢い、時を重ねて今があることを考えると、この不思議な巡りあわせに、自分自身が驚くことがあります。全国的にも多くあった、牡蠣舟やかき料理のお店が少なくなる中で、私たちはこの伝統あるかき料理のお店を守っていきたいと強く思っております。夫が亡くなり、心細い時もありましたが、今では、長女と三女と共に働き、信頼できる従業員にも恵まれ、そして何より昔から来てくださるお客様に支えられながら、歩みを進めております。

現在では、かき料理だけでなく、幅広くいろんな分野にも目を向け、100年先もかき庄自慢の味を皆さまにお届けできるよう皆で頑張って参りますので、今後とも末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

/data/project/208/全員写真最後に.jpg
 
 
【本プロジェクトは、加古川市の魅力的な事業を支援する ーふるさと「はりま」応援ファンドー プロジェクトです。】



加古川市


加古川市は兵庫県南部の播磨灘に面し、播磨平野を貫流する一級河川加古川の河口に広がる豊かな自然に囲まれた地域に発展してきました。 古来より受け継がれてきた自然・歴史・文化を大切にしながら、都市的な利便性をも兼ね備えたまちづくりに取り組み、「いつまでも住み続けたいウェルネス都市 加古川」の実現を目指しています。

 

>加古川観光協会

/data/project/208/kakogawa.jpg