糸魚川大火からの復興「いといがわ復興マルシェ」笑顔や会話が弾ける糸魚川supported by 糸魚川信用組合

いといがわ復興マルシェ実行委員会
プロジェクトオーナー

いといがわ復興マルシェ実行委員会

地場産 フード

127%

  • 現在
  • ¥637,000
  • 目標金額
  • ¥500,000
  • 購入口数
  • 120口
  • 残り日数
  • 終了
このプロジェクトは、目標金額達成の有無に関わらずリターンをお申込みいただくとプロジェクト成立となります。

プロジェクトへの想い

平成28年12月22日、糸魚川は大規模火災に見舞われ大きな被害を受けました。この災害からの復興を支援するため、関東財務局が主催して糸魚川市復興フォーラムが開催され、その中で被災地の支援対策としての賑わい作りが提案されました。その提案を具体化するため女性や商店街を主体とした「いといがわ復興マルシェ実行委員会」をつくり、第1回いといがわ復興マルシェを開催し元気な糸魚川を内外に発信しました。

今後も被災地復興に弾みをつけるためマルシェを定期的に開催する計画です。平成30年4月21日(土)に第2回いといがわ復興マルシェを開催します。引き続きマルシェを開催する費用として、皆様からのご支援をお願い申し上げます。


多くの来場者で賑わった第1回マルシェ【平成29年11月18日(土)開催】

マルシェの開催当日は、今にも降り出しそうな空を仰ぎながら早朝から準備を進めました。小雨のぱらつく中で開会宣言が行われ、多くのお客様が来場しました。

出店者は地元から被災者3店を含む27店、市外は20店の合計47店が出店しました。県内をはじめ、東京、長野、富山から話題の店が出店して被災地の賑わいづくりを応援していただきました。長蛇の列が出来る人気店や早々に商品が売り切れる店もありました。天候の悪化から予定を繰り上げマルシェを終了しなければなりませんでしたが、3000名を超える来場者から被災地を元気づけていただきました。

被災地の賑わいづくりは単発的な取り組みで実現するものではありません。今後とも定期的に繰り返し開催して行くことが不可欠だと考えています。



/data/project/344/開催の様子.jpg
 
/data/project/344/マルシェ2.jpg


  大火に飲み込まれた糸魚川

糸魚川市は日本海に面したまちです。その昔、信州松本に繋がる〝塩の道〟の起点でもあり、訪れる人に安らぎを感じさせる雁木の連なる街並みは私たちの自慢一つでした。そのまちが平成28年12月22日から2日にわたり燃え続けた大火により一瞬のうちに瓦礫と化してしまいました。

糸魚川の中心部で焼損棟数147棟、焼失面積約40000㎡の大災害となりました。年末年始の賑わいを迎えるはずであったまちに言葉もなく佇む人たちがあふれていました。

/data/project/344/2被災現場組み合わせ.jpg
そんな絶望の中、全国から暖かい支援が寄せられ被災者と共に糸魚川の人々を元気づけていただきました。糸魚川市も被災直後から、復興に向けた取り組みを精力的に進め、平成29年8月には復興計画を公表し動きが本格化しています。


被災地の一年

平成29年5月 被災地に残る建物の基礎部分                
/data/project/344/2017.5.25.jpg 
平成29年7月 草の芽吹きが見られる被災地
/data/project/344/2017.7.24.jpg
平成29年9月 基礎が撤去され更地となった被災地 
/data/project/344/2017.9.23.jpg 
 平成29年12月 場所により再建工事が始まる
/data/project/344/2017.12.20.jpg
平成30年1月 工事の重機にも雪が積もる年明け
/data/project/344/2018.1.13.jpg


第2回 いといがわ復興マルシェ開催

第2回「いといがわ復興マルシェ」の出店者を募集中です。(申込締切 3月5日)
期  日 平成30年4月21日(土) 10時~15時
場  所 にぎわい創出広場 糸魚川市大町2丁目146-1
出店内容 飲食、物販、キッチンカーなど
詳細は実行委員会へお問合せ下さい。


/data/project/344/3第2回出店者募集チラシ.jpg
 

  マルシェを開催するにぎわい創出広場
/data/project/344/にぎわい広場2.jpg


実行委員会の紹介

糸魚川駅北大火を受け、関東財務局主催の糸魚川市復興フォーラムが開催され、その中で具体的に復興を支援する機動部隊として「糸魚川市復興・活性化タスクフォース」が組成されました。
そのタスクフォースの事業として、被災地の賑わいづくりが検討され「いといがわ復興マルシェ実行委員会
を組織してマルシェの開催を行っています。
実行委員会は、糸魚川信用組合、糸魚川市、糸魚川商工会議所、なりわいネットワーク、糸魚川広域商店街、個店の魅力アップ女性の会、糸魚川青年会議所、糸魚川復興まちづくり情報センター(順不同)の8団体で組織しています。


いといがわ復興マルシェ実行委員会
代表:糸魚川信用組合 理事長 黒石 孝(糸魚川市復興・活性化タスクフォース  リーダー)
〒941-0057 新潟県糸魚川市南寺町1丁目8番41号
糸魚川信用組合 まちづくり推進室(事務局 伊藤)
TEL 025-552-9880 FAX 025-552-9244
メール machidukuri@fsinet.or.jp

 
返礼品の紹介
2000円コース
お礼の品としてサンクスレターとマルシェのロゴをデザインしたマグネット1個(糸魚川産杉を使いマルシェのために作成した限定品です。サイズ直径43㍉)※送料無料
/data/project/344/バッジ.jpg
3000円コース
お礼の品としてサンクスレターとマルシェ会場で使えるクーポン券(500円券×2枚、利用の際おつりは出ません)※送料無料
/data/project/344/クーポン券.jpg
5000円コースA
お礼の品としてサンクスレターと人気の純米吟醸「謙信」をベースにした地酒『信組の絆』(東京、第一勧業信用組合のプライベートブランドのお酒)720ml1本。※送料無料
ラベルは「カテイトエ」梅津諭・和枝夫妻のデザインです。(H29年12月にパリ・ルーブル美術館で開催された展覧会「サロン・デ・ポ・ザール2017」に出展しS.N.B.A審査員賞を受賞しました)

/data/project/344/5000a.jpg

5000円コースB
お礼の品としてサンクスレターと糸魚川産コシヒカリ「ひすいの雫」2kg。このお米は、新潟県特別栽培農産物認証制度の認証米です。雪解けの清水で丹念に育てたお米の味をお楽しみ下さい。※送料無料
/data/project/344/5000b.jpg

5000円コースC
お礼の品としてサンクスレターとかまぼこセット。糸魚川の漁港で水揚げされた新鮮な原料を石臼で丁寧に仕上げたかまぼこをご賞味下さい。※送料無料

/data/project/344/5000c.jpg

10000円コース
お礼の品としてサンクスレターと地酒『信組の絆』720ml1本と糸魚川産大玉メロン1玉のセット。(メロンの発送は平成30年9月頃を予定しています)手間暇をかけて育てたメロンの味は格別です。尚、お酒は5000円Aコースと同じ商品です。※送料無料
/data/project/344/10000.jpg
最後までご覧いただきありがとうございます。