『日本最西端の酒蔵』からこだわりのビンテージ日本酒「福鶴 秘蔵熟成古酒」をお届けしたいプロジェクト Supported by 西海みずき信用組合(福田酒造・長崎県平戸市)

『日本最西端の酒蔵』からこだわりのビンテージ日本酒「福鶴 秘蔵熟成古酒」をお届けしたいプロジェクト Supported by 西海みずき信用組合(福田酒造・長崎県平戸市)
プロジェクトオーナー

福田酒造株式会社

地場産 地域活性化

15%

  • 支援金額
  • ¥150,000
  • 目標金額
  • ¥1,000,000
  • 購入口数
  • 20口
  • 残り日数
  • 終了
このプロジェクトは、目標金額達成の有無に関わらずリターンをお申込みいただくとプロジェクト成立となります。


希少な“夢を実現する酒”を日本酒を愛する皆様に届けたい。
日本最西端の酒蔵が20年の歳月をかけて創り上げた秘蔵の熟成古酒を、フランスで行われた日本酒品評会「KURA MASTER」での最高賞受賞を記念して、クラウドファンディングにリリースします!
長年にわたり徹底した管理のもとで熟成してきた“夢を実現する酒”を、少量ではありますが、全国の日本酒を愛する皆様に届けたいとの強い思いから、プロジェクトを立ち上げました。
入手困難、希少な純米吟醸古酒を、ぜひ味わってみてください!


 

■330年の歴史を持つ酒蔵が挑み続ける“新たな挑戦”
「どこかに判ってくれる人がいる」
歴史と伝統を引き継ぎながらも、時代に応じた酒造りに挑み続ける福田酒造が、今から20年前に到達した厚みのある味わいの純米吟醸酒を熟成。
土地の“歴史”と“熟成酒が経た時間”まで味わうことのできる一本が完成しました。
日本酒の古酒はまだまだメジャーな存在ではありませんが、貯蔵熟成した日本酒のコクと旨味は芸術品です。「純米吟醸の古酒は絶対に美味い」、「どこかに判ってくれる人がいる」と信じて、クラウドファンディングで世に問います。




■返礼品(熟成古酒3種)
今年7月のフランスの品評会“KURA MASTER”で最高賞のプラチナ賞を獲得したことを記念し、3種類の秘蔵熟成古酒をリリースします。

【返礼品A】「福鶴 純米吟醸 秘蔵熟成古酒(5~10年貯蔵)」720ml…¥5,000
・古酒としては、まだ期間は短いものの、しっかりとした熟成香の息吹を感じることができます。


【返礼品B】「福鶴 純米吟醸 秘蔵熟成古酒(10~15年貯蔵)」720ml 1本…¥10,000
・色も琥珀色に変わり、味わいもまろやかに。チョコレートやアイスクリームといった濃厚な食材と合わせて楽しむのも良いと思います。


【返礼品C】「福鶴 純米吟醸 秘蔵熟成古酒(15~20年貯蔵)」720ml 1本…¥15,000
・熟成はさらに進み、琥珀色の深みを増した酒は貴重なものであり、芸術品といっても過言ではありません。
 料理と合わせるのは勿論ですが、平戸の地で年月が織りなした複雑な色彩と味を楽しみながら、少量ずつ味わうのも良いでしょう。



■福田酒造が情熱を込めて醸し、熟成させた芸術品を、ぜひ確かめてください!
「平戸の水と米が評価されることが一番の幸せ」「夢は夢ではだめ、実現しなくてはならない」「一生懸命に仕事をすれば、誰かが見てくれる」と信じ、強い信念をもって酒造りに取り組んできた小さな酒蔵は、国内外で高い評価を得るに至りました。
その思いが込められたお酒を、ぜひ、プロジェクトを支援することで味わっていただき、そして皆様の評価を得て、さらに熟成古酒を広めていきたいと思います。
応援よろしくお願いいたします!











~ 福田酒造株式会社(当社)について ~


当社は、物言わぬものに、ものを言わせるもの造りをモットーに…
日本最西端の酒蔵でこだわりの酒造りを続けております。
現在は、今年から世界遺産となりました平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)で安満岳中腹の湧水を仕込み水に使用し、さらに注目を集めておりますとともに、新製品開発がますます必要となっております。







2.品質の追求
各種品評会(国税庁、ロンドンにおけるインターナショナルワインチャレンジ、パリにおけるクラマスター、ベルギーにおけるワインコンペテション)に参加し、またANAの国際線ファーストクラスにも採用された実績があり品質的にも高い評価を受けております。
更なる高品質の商品を造り、米を磨き、水を磨き、人を磨き、酒を通じて魔法の泉を造り、地域おこしに役立てます。

KURA MASTER 純米酒部門 プラチナ賞 受賞(2018.07.05)



3.地域活性化に向けて
今までにない日本酒の開発を目指します。そのなかで、地域活性化の一環として、酒造好適米山田錦を造り、普通の米と比べて単価が高く生産農家の皆様方に対しても貢献でき、米作りに対しても情熱をもって、目的が明確な指標が出来ますと共に、米作りに対する情熱が湧き出るものと確信します。

特に「福鶴純米吟醸酒」の酒造好適米は山田錦100%でして1本当たりの米の量は(720ml)1.000g必要であり360本の福鶴吟醸酒を作る場合、耕作面積300坪の田んぼが必要ですので耕作放棄地の対策にもなります。




~ サポーターの皆様へのメッセージ ~

今年から世界遺産となりました、平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)における安満岳中腹の湧水を仕込み水に使用することで、水を磨き、また、米を磨き、人を磨き、更なる高品質の商品を造り上げ、酒を通じて魔法の泉を造り地域おこしに貢献するためにも、クラウドファンデングで皆さまから助けをお借りできますよう、応援よろしくお願いいたします。


~ 当社の概要 ~



福田酒造株式会社
創業:元禄元年(西暦1688年)
所在地 〒859-5533 長崎県平戸市志々伎町1475番地