スノースポーツ愛好者の皆様へ

スノースポーツ愛好者の皆様へ
プロジェクトオーナー

公益社団法人日本プロスキー教師協会

スポーツ 教育・福祉 地域活性化

6%

  • 支援金額
  • ¥6,000
  • 目標金額
  • ¥100,000
  • 支援口数
  • 6,000口
  • 残り日数
  • 58日

このプロジェクトは、寄付型プロジェクトです。
目標金額達成の有無に関わらず支援の申込みを行っていただくとプロジェクト成立となります。

公益社団法人 日本プロスキー教師協会(SIA)

 公益社団法人日本プロスキー教師協会は、Professional Ski Instructors Association of Japan の3文字をとって[SIA]と呼ばれています。1968年11月に設立され、1981年に社団法人として許可されました。2012年11月30日に公益社団法人に認定され、国際スキー教師連盟[ISIA]に加盟する日本で唯一のプロスノースポーツ教師の団体として活動しています。その活動は、プロスキー教師を中心に、スノーボード、テレマークスキー、障がい者スキー、インラインスケートの教師育成・指導・検定を通じて、その質の向上をはかり、併せて一般愛好者・青少年をはじめ、ラングラウフ(クロスカントリー)・山岳スキーなど、スノースポーツ全体への指導と安全対策への、調査研究を行い生涯スポーツとしての発展に務めています。
 
スノースポーツの楽しさをすべての人たちに
(Snow sports for everyone)

 冬の大自然、澄み切った空気に包まれた白銀の世界。
私たちプロスキー教師たちはこの素晴らしい雪山の楽しさは健常者・障がい者を問わずすべての人々が享受することのできる世界であると考えています。

 障がい者の方々を雪上にご案内できる資格を持ったプロスキー教師たちが日本全国のSIA公認校で活動しています。様々な困難に向き合いながら生活している方々がスノースポーツに触れることで、心身の健康を手に入れ、ご自身の可能性に気づいていただく… そういった体験をお届けしたいと考えています。
雪上において様々な障害を抱えた方々が見せてくれる満面の笑顔はこの体験が彼らの心を動かす力を持っている証と考えています。

 
 
障がい者の方々をご案内する資格養成プログラム

 SIAが認定する障がい者スキー教師は様々な障がいへの理解と雪上で楽しむスキー・チェアスキーの指導方法などを習得した資格保持者です。実技トレーニング及び机上講習を経て障がい者の方々への対応ができる実力を備えた教師にその資格が与えられます。我々は一人でも多くの障がい者の方々にスノースポーツの楽しさを体験してもらいたいと思っています。そして対応できる多くの障がい者スキー教師を増やしていきたいと考えています。全国のそれぞれのスキー場で障がい者の方々が笑顔でスノースポーツを楽しむことができる基盤を作る、この取り組みへの皆様からのご協力を心よりお願いし申し上げます。

 

                ◇

このページは、 /data/project/603/毎日APロゴ2青地反転横長b.jpg が製作を支援しています。