相馬市の百尺観音を未来へ!しんくみ新型コロナ対応支援プロジェクト~私たちは共に乗り越える~寄付型版#3

百尺観音の再建応援プロジェクト
プロジェクトオーナー

全国信用協同組合連合会

挑戦する人 地域活性化 被災地支援 伝統文化 文化・芸術

85%

  • 支援金額
  • ¥85,000
  • 目標金額
  • ¥100,000
  • 支援口数
  • 85口
  • 残り日数
  • 終了

このプロジェクトは、寄付型プロジェクトです。
目標金額達成の有無に関わらず支援の申込みを行っていただくとプロジェクト成立となります。

この度は、「相馬市の百尺観音を未来へ!しんくみ新型コロナ対応支援プロジェクト~私たちは共に乗り越える~寄付型版#3」にご支援くださり、誠にありがとうございました。

皆さまのご支援により、8万5千円もの資金が特定非営利活動法人「百尺観音復興基金」へ届けられました。

プロジェクトニュース(下記URL)では、皆様へ特定非営利活動法人「百尺観音復興基金」より、感謝の気持ちを込めた手紙を掲載していますので、ぜひご覧ください。

https://mottainai-motto.jp/project/report/671

 

新型コロナで大打撃を受ける地域の観光資源

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言や外出自粛により、観光地は大きな打撃を受けています。
緊急事態宣言は解除されましたが、都道府県をまたぐ移動に対する自粛が続き、第二波も警戒しなければならない状況であり、街の賑わいはまだまだ戻っていません。

このままでは、私たちがこれまで過ごした思い出の場所や、地域の大切な伝統文化や観光資源が廃れてしまうのではないでしょうか…

福島県相馬市にある「百尺観音像」も支援を必要とする観光資源のひとつです。



百尺観音の再建と相馬市活性化のために
 百尺観音は、相馬市日下石(にっけし)の深い里山の岩肌に彫り込まれた摩崖仏(まがんぶつ)です。
近くには、松川浦大橋があり、週末にはツーリングやサイクリングを楽しむ観光客の方が多く訪れていました。

地元仏師である荒嘉明は昭和6年(1931年)に百尺観音像の建立を始めたものの、完成をみないまま他界しました。現在は、曾孫(4代目)にあたる荒陽之輔さんが百尺観音像完成という荒嘉明の遺志を引き継いでいます。

4代目が引き継いだ遺志の実現を助けようと、地元住民が中心となって「百尺観音復興基金」を立ち上げました。着工開始からちょうど100年目となる2031年(令和13年)の完成を目指しております。
完成すれば、全長118尺(約36m)と日本一の摩崖仏となります!


また、2011年には東日本大震災で左手が崩落し、さらにモルタルの一部が剥落するなどの被害がでましたが、
「相馬にきた時はいつもここで休憩してから遊びに行く。まだこの場所があってよかった」
「震災をきっかけに思い出して数十年ぶりに訪れたよ。懐かしいね。」

といった来訪者の方々からの励ましの声に支えられてきました。

しかしながら、東日本大震災や長年の風雨による被害に加え、コロナ禍による観光客の減少で人の出入りが激減しており、周囲には草木が生い茂るようになっています。
 

普段は私たち「百尺観音復興基金」がボランティアの方々の手を借りて、管理や寄付活動を行っていますが、コロナ禍の影響により、これまでの活動ができなくなっています。
     

 そこで、全国の方々へご寄付のご協力をお願いしたく、この度、寄付型クラウドファンディングに挑戦することと致しました!!

この状況を乗り越え、百尺観音を再建し、福島県相馬市の重要な観光資源として賑わいを取り戻すため、どうかご支援を賜りますようお願い申し上げます!
なお、このプロジェクトでは、信用組合がクラウドファンディングの手数料を負担することで、皆さまからの寄付金の全額が届きます。

 

返礼品について

百尺観音様の描かれた絵ハガキと、百尺観音復興基金事務局からお礼の手紙を送付いたします。
※このプロジェクトへの支援金は、寄付控除の対象ではございません。

この絵ハガキは、イラストレーターとして全国で活躍している「上野啓太」先生の作品です。

 

特定非営利活動法人「百尺観音復興基金」について

百尺観音の再建を支援するNPO法人です。寺住職や税理士から百尺観音を愛する年金生活者まで様々なメンバーが参加しています。
福島県相馬市の重要な観光資源として賑わいを取り戻すべく、そして、後世の子供たちに百尺観音を残していくことを目指しています。

 

4代目 荒陽之輔さんからのコメント

4代目として、百尺観音像を修復・完成させ、かつての賑わいを取り戻すことが、相馬市の復興に役に立ち、たくさんの人の心に残り続けている百尺観音のためでもあると考えています。

無事に完成にこぎつくまでには、大きな資金とマンパワーが必要になります!
皆さまのお力添えが必要です!

再びたくさんの人が集い、100年後の歴史にも刻まれるような百尺観音像を、皆さまと一緒に作っていけましたら私は本当に幸せに思います。
どうぞよろしくお願い申しあげます!!

【プロジェクトの注意事項】
※このプロジェクトへの支援金は、寄付控除の対象ではございません。