しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「新潟で生産される幻の霜降り豚「夢味豚」の「米蔵熟成生ハム」を食べてほしい!」

しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「新潟で生産される幻の霜降り豚「夢味豚」の「米蔵熟成生ハム」を食べてほしい!」
プロジェクトオーナー

全国信用協同組合連合会

地場産 フード 挑戦する人 地域活性化

103%

  • 支援金額
  • ¥206,000
  • 目標金額
  • ¥200,000
  • 購入口数
  • 44口
  • 残り日数
  • 終了

このプロジェクトは、購入型プロジェクトです。
目標金額達成の有無に関わらず支援の申込みを行っていただくとプロジェクト成立となります。

【100%達成しました!】
みなさまの温かいご支援により、当初の目標額を達成することができました。
新潟の新しい特産品である「米蔵熟成生ハム」をこれからも全国のみなさまにお届けできるよう頑張ってまいりますので、今後とも温かいご支援をお願いいたします。
(2021.4.8)



はじめまして、「新潟ベースコントラクター」と申します。
当社は、地元事業者と共に地域を盛り上げていきたいという思いで2019年に創業しました。地元企業による有志の会「SHIRONE meat Labo. ROOTs」との出会いをきっかけに生ハムづくりを開始し、同ブランド名にて熟成生ハムの製造・販売を行っています。これから本格的に「米蔵熟成生ハム」をみなさんにお届けしようとしたタイミングで、新型コロナウイルス感染拡大が猛威を振るいました。コロナの影響で各種イベントが中止となり、思うような営業活動ができずとても困っています。このままでは地域の特産品にと大事に育ててきた「米蔵熟成生ハム」が埋もれてしまうと考え、クラウドファンディングへの挑戦を決めました。新潟の新しい特産品「米蔵熟成生ハム」にぜひ温かい支援をお願いいたします。
/data/project/774/工房Roots.jpg /data/project/774/仲間と原木.jpg
(HP:http://www.roots-shirone.com/

幻の霜降り豚「夢味豚」と1年以上の熟成期間
「タレかつ」発祥地でもある新潟市は、全国でも豚肉の消費量がトップクラスということもあり、「越後もち豚」や「妻有ハーブ豚」といった多くのブランド豚が存在します。そのなかで、当社の「米蔵熟成生ハム」は新潟市南区で生産されているブランド豚「夢味豚(ムーミートン)」を使用しています。地元白根産のお米をリキッドフィーディングという方法で与え、ストレスなく健康に育てられた「夢味豚」は幻の霜降り豚と呼ばれるほど、臭みがなく、肉質はとっても柔らかいことが特徴です。当社では、この夢味豚を最短でも16カ月という期間をかけて「生ハム原木」にします。夢味豚の生ハムは脂の融点が低いので、口に入れた途端にバターのように溶けるような食感を味わえます。無添加でご提供できるのも国産ならではです。
/data/project/774/原木.jpg /data/project/774/料理.jpg

当社は新潟ならではの建造物である米蔵をリノベーションし、熟成倉庫として利用しています。季節の移り変わりによる気候の変化は生ハムづくりに絶妙な影響を与えます。自然環境の影響を受けつつ、一定の温度帯を保てる米蔵は、この地域ならではの熟成倉庫といえます。当社の「米蔵熟成生ハム」で是非、新潟の四季を堪能していただきたいと思います。
  


巻信組からの応援コメント
巻信用組合月潟支店長の丹波です。米蔵熟成生ハムを食べたときは肉質の柔らかさと噛むほどに広がるうま味に感動しました。地元祭りで大人気だったキッチンカーをまた楽しみにしております!フレッシュで香り豊かな新潟産生ハムをぜひ召し上がってください!
/data/project/774/信組職員.jpg