しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「青森の利酒師が焼き上げる長時間発酵のしっとりパンを食べてほしい!」

しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「青森の利酒師が焼き上げる長時間発酵のしっとりパンを食べてほしい!」
プロジェクトオーナー

全国信用協同組合連合会

地場産 フード 挑戦する人 地域活性化

161%

  • 支援金額
  • ¥322,000
  • 目標金額
  • ¥200,000
  • 購入口数
  • 92口
  • 残り日数
  • 終了

このプロジェクトは、購入型プロジェクトです。
目標金額達成の有無に関わらず支援の申込みを行っていただくとプロジェクト成立となります。

はじめまして。青森駅前にある小さなパン屋「三ッ星製パン」と申します。
「いつも皆様の食卓に」を念頭に日々手作業で1本1本丁寧に、心を込めて焼き上げております。ワインソムリエと日本酒利酒師として培った繊細な味覚をもつ職人が焼き上げるパンは、毎日食べるものだからこそ、必要なものだけを配合したシンプルで美味しいパンです。そして成形を全て手作業で行うため、機械にはできない力加減で程よい弾力と柔らかさ、食感を生み出し、特に店の味となる「角食パン」は人気で行列ができることも少なくありません。
しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大により、4月の緊急事態宣言以降、毎日つくられていた列はほぼなくなり、客足も一気に途絶えました。予定されていた各イベントも中止となりました。長時間発酵を要する製パンは来客数を予想して製造しなければなりませんが、予想をはるかに下回る客足に、テイクアウト需要に関係なく、焼き上げたパンのロスが一気に増えました。昨年の緊急事態宣言時から感染拡大が深刻な状況が続き、未だに回復の兆しが見えないなか、自慢のパンを皆様に食べていただき、ぜひご支援を賜りたいと存じます。
リターンの発送時期:プロジェクト終了後、4月下旬以降から発送準備を行います。
 
(HP: https://3starbread.thebase.in/

パン作りのこだわり
重要なのは、なんと言っても「水の美味しさ」です。材料はできるだけ地産地消を意識していますが、どんなに優れた小麦を使おうとも、まずい水では意味はありません。青森市は、冬に降り積もる雪が奥入瀬の大自然でゆっくりと濾過された八甲田山の伏流水に恵まれています。水質は軟水で柔らかく甘みを感じ、この水は他では味わうことは叶いません。食パンに限らず全てのパンには食感と酸味の組み合わせを重要視しています。特に酸味は人間の食欲を掻き立てるには大きなポイントです。


青森県産小麦粉で作る「あおパン」
国産小麦を探していたところ、業者さんに製パン向け青森県産小麦粉「ゆきちから」を紹介してもらい、それならば全て青森県産だけで小麦粉を作ろうとレシピを考えました。小麦粉ゆきちから、東北ファームの卵(卵白)、萩原牛乳など、青森県の原材料を使用しているため、「青森」から一文字もらい、柔らかいイメージを持ってもらえるよう、ひらがなにして「あおパン」と名付けました。高齢化や一人暮らし増加の観点から、その日に食べきれるよう小さ目の形で焼いた「あおパン」は、トーストすると香りが立ち、それぞれのお客様の食べ方にも合うと好評です。リピーターの方も多く、販売当初に比べて約3倍の数を焼いています
他のパンは全て水をベースに仕込んでいますが、あおパンは牛乳を使っているので味が濃く、甘みがあるのが特徴です。また、角食パンはキメを細かくする為にきつく薄く伸ばし、気泡をつぶして成形しますが、あおパンは軽い食感にする為、あえて気泡を残したまま、軽く丸めて型に入れ焼いています。型の蓋はしないので、伸びやかに丸く焼き上がり、歯切れのいい、咀嚼しやすい食感にしています。また、青森県産小麦粉ゆきちからを使うことで美しい白色に仕上がります。
 


青森県信組からの応援コメント
青森県信用組合 駅前支店です。三ツ星製パン様は青森駅前公園向かいにある小さなパン屋さんです。かわいらしい木製のガラスケースには、美味しそうでインスタ映えするようなパン達がところせましと並べられております。青森県産品の材料に拘った「あおパン」は驚くほどにしっとりと柔らかい口当たりのよい食パンです。また、「あんこ食パン」はふわふわの食パンに甘さ控えめの粒あんが練り込まれた店主の拘りの逸品であります。三ツ星製パン様は、一つ一つのパンに拘りを持って作っています。私達職員はもちろん店舗周辺の皆様に愛されているパン屋さんです。是非、食していただきたい、お勧めの逸品ですので皆様からのご支援よろしくお願いしまします。