しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「当たり前にサッカーができる環境を整備・提供したい!」

しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「当たり前にサッカーができる環境を整備・提供したい!」
プロジェクトオーナー

全国信用協同組合連合会

挑戦する人 スポーツ 教育・福祉 地域活性化

46%

  • 支援金額
  • ¥92,000
  • 目標金額
  • ¥200,000
  • 購入口数
  • 18口
  • 残り日数
  • 28日

このプロジェクトは、購入型プロジェクトです。
目標金額達成の有無に関わらず支援の申込みを行っていただくとプロジェクト成立となります。

FC Hermanosについて
FC Hermanos(エルマノス)は、会津若松市を中心に小学生・中学生・社会人チームで活動するサッカークラブです。現在会員数100名程度になり、「サッカーができる環境作り」を提供しています。
今後、法人化の手続きを進め、一人ひとりにサッカーを通して夢と希望を与えられるクラブ作りを目指します。

 
FC Hermanos Facebook :https://www.facebook.com/fchermanos2017/

今まで当たり前のようにサッカーができた環境が、コロナ禍や少子化の影響により大きく変化し、子どもたちはかなりのストレスを感じています。
「当たり前にサッカーができる環境」を整備、提供すべく、2010年にサッカークラブFC Hermanosを立ち上げました。しかしながら、天然芝または人工芝のグラウンドの整備、選手の移動手段の確保等、問題は山積です。

 

グラウンドの整備、選手の移動確保の為のバス購入等、スポーツクラブ運営には多大な資金が必要です。すべて子どもたちの為に何ができるか、また何をすべきかを考え、地域で盛り上げていただけるようなクラブを目指しています。会津地域のサッカー環境は、設備面で他の地域に比べて劣っており、他の地域では当たり前にできることが、会津地域では当たり前でないことが多々あります。そのような状況ではありますが、少しでも他の地域のサッカー環境に追いつき追い越す為にも、我々が強い使命感を持って問題解決に取り組んでいきます。
 

地域に根ざした子どもたちのためのクラブを運営して参りますので、皆様ご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


会津商工信組からの応援コメント
コロナ禍の今だからこそ、「FC Hermanos」の想い描く「当たり前のようにサッカーができる環境の提供」は、将来を担う大切な子どもたちにとって、「夢と希望」を与える、地域活性化へとつながる取組みの一つだと思います。
地域に根ざした取組みを実践する「FC Hermanos」をあいづしんくみは応援します。