しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「薬膳師のシェフが作る身体にやさしいパンを守りたい!」

しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「薬膳師のシェフが作る身体にやさしいパンを守りたい!」
プロジェクトオーナー

全国信用協同組合連合会

地場産 フード 挑戦する人 地域活性化

94%

  • 支援金額
  • ¥188,000
  • 目標金額
  • ¥200,000
  • 購入口数
  • 53口
  • 残り日数
  • 終了

このプロジェクトは、購入型プロジェクトです。
目標金額達成の有無に関わらず支援の申込みを行っていただくとプロジェクト成立となります。

こんにちは!当店は夫婦でベーカリー&カフェを営んでいる「マル二チガイ・丁字」と申します。当店では、シェフが難病を患っている経験から、薬膳師や食育マイスターの資格を取得し、「身体にやさしいパンと料理で笑顔を作る事」を目標に日々営業しています。そんな当店の自慢は、国産の「古代小麦」を使用し、100年前のパンを現在に再現した「外はしっかり、中はしっとりの小麦の旨味・甘みをはっきりと感じられるこだわりのパン」になります。
 

コロナ禍によりカフェ営業が打撃を受けているのはもとより、まだ一般に浸透していない「健康をコンセプトとしたパン」を広めるため、パンを主体とした各種イベントへの出店を積極的に行っておりましたが、イベントの自粛も重なり売上が大きく減少しています。そんな中、クラウドファンディングを通じて、多くの皆様に当店のパンを知っていただきたいと思い立ち、プロジェクト参加を決意いたしました。
 

当店のパンは素材の美味しさを大事にしています。素材の味が生きている理由は「国産小麦・純正の米油・ドライイースト・岩塩・きび砂糖・水」の6素材のみで生地を作ってる事が挙げられます。厳選素材からつくられた生地を長時間かけて発酵、二回焼成し、手間暇かけて出来上がったパンは、水分がしっかり保たれ、舌触りの良い食感に仕上がります。また、ベーキングパウダーを使わず、酵母の力で自然に膨らんだパンは密度の高いずっしりとした重さがあり、食べ応え十分です。
コロナ禍であるからこそ、皆様にもう一度、食を通じて健康を考えていただきたいと願うと共に、当店自慢のパンを味わっていただきたいと思います。
 



巻信用組合からの応援コメント
巻信用組合漆山支店の田辺です。シェフが作るパンは、ひとつひとつがずっしり重く食べ応えがあります。割ってみると中はしっとりしていて、食べると小麦の香りが口に広がるシンプルなパンです。こんな時期だからこそ無添加で安心なパンを皆さんにも食べていただいて、コロナ禍を乗り越えていきたいと思います。