しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「新島の野菜を使ったお茶菓子や加工品を食べてほしい!」

しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「新島の野菜を使ったお茶菓子や加工品を食べてほしい!」
プロジェクトオーナー

全国信用協同組合連合会

地場産 フード 挑戦する人 地域活性化

70%

  • 支援金額
  • ¥141,800
  • 目標金額
  • ¥200,000
  • 購入口数
  • 36口
  • 残り日数
  • 3日

このプロジェクトは、購入型プロジェクトです。
目標金額達成の有無に関わらず支援の申込みを行っていただくとプロジェクト成立となります。

はじめまして、東京・伊豆諸島の新島にある「A-Farm」です。
当農園は2014年から島の特産物である明日葉を育て始めました。その後、新島の農産物を広めたい思いから、島唐辛子やあめりか芋(一般的には七福という名の白いサツマイモ)の栽培にもチャレンジしています。新島の素敵な野菜たちを無駄にしたくないという思いから、加工品を作っております。
私たちは2003年新島に移住したことから、農業を行う土地がなく、実際に畑を借りて耕すところまで時間が掛かりとても大変でした。また、農薬不使用、有機栽培にこだわりたいとの思いから害虫や天候によって長い間まともに収穫できず、心が折れそうになったことが何度もあります。それでも、幅を広げ農業の仕事をしていくうちに楽しさを実感し、島の農産物をたくさん育ててみたいとの思いから、野菜作りや加工品の販売を行っています。
 
当農園の加工品は手土産として観光客の方にお買い上げ頂く事が多かったのですが、コロナの影響で島への観光客が激減してしまい、売上は通常の半分以下となってしまいました。現状は製造するための材料の仕入れ、商品の開発などにかかる費用を絞り出すのが精一杯の状態です。一つ一つ材料から丁寧に作った商品を、地元の商店やお土産屋さんに並べていただいても返品されてくることも少なくありません。コロナ禍でも自分たちにできる事があればと考え、今回プロジェクトに参加する事を決意いたしました。
 

今回のリターン品は、自家栽培の明日葉など農作物をふんだんに使用し、丹精込めた手作り品です。明日葉フィナンシェは、明日葉とバターをたっぷり生地に練りこみ、両方の風味が楽しめます。明日葉スコーンには天然酵母を使用し、明日葉のほんのりした風味と歯触りがよいのが特色です。
アフターコロナには、島に来ていただいたお客様に「島の特産物」を色々な形で紹介し、興味を持っていただけたらと思います。もちろん、新島島内の方にも手にとっていただいて、島をどんどんアピールして頂けるような商品をたくさん作っていきたいと考えております。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 


七島信用組合からの応援コメント
島の豊かな自然で育った新鮮な野菜と生産者であるA-Farm天野さんの優しい気持ちが沢山詰まった素敵な商品です。どれも手作りなので安心してお召し上がり頂けます。とっても美味しい島の特産品をこの機会に是非ご賞味ください! ″コロナに負けず、離島のfarmer頑張っています!!″