しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「石巻の酒蔵が丹精込めて造るこだわりの地酒を届けたい!」

しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「石巻の酒蔵が丹精込めて造るこだわりの地酒を届けたい!」
プロジェクトオーナー

全国信用協同組合連合会

地場産 フード 挑戦する人 地域活性化 被災地支援 伝統文化 プロダクト

60%

  • 支援金額
  • ¥120,400
  • 目標金額
  • ¥200,000
  • 購入口数
  • 27口
  • 残り日数
  • 24日

このプロジェクトは、購入型プロジェクトです。
目標金額達成の有無に関わらず支援の申込みを行っていただくとプロジェクト成立となります。

こんにちは!宮城県石巻市で酒屋を営んでいます「四釜商店」です。
当店は、日本名門酒会加盟店として有名な銘酒だけでなく、美味しいリーズナブルな地酒のほか、本格焼酎とワインの品揃え・温度管理にこだわり“品質一番・儲けは二番”をモットーに、さまざまな企画も考え、日本酒の良さを広めることに力を注いでいます。
当店では酒類を提供する飲食店への卸売りが売上の約7割を占めていました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症による昨年の全国都道府県への「緊急事態宣言」の発令にはじまり、当宮城県においても今年に入り感染が再拡大し「まん延防止等重点措置」が適用されるなど、酒類を提供する取引先飲食店の休業・時短営業が続き、当店の売上も大きく減少しています。このような状況への対策として、オンライン販売に力を入れていたところ、石巻商工信用組合様から本プロジェクト参加のご提案をいただき、初めてクラウドファンディングにチャレンジする決意をしました。

 

地酒の良さを広めることを目的に「地酒のおいしさ 蔵元と楽しむ会」を毎年開催し多くの方にご参加いただき好評を得ておりましたが、コロナの感染防止の観点から昨年、今年と開催の休止を余儀なくされています。当社のみならず事業者の皆さまが大変な状況あることから、コロナ禍を「地域企業の連携」で乗り切っていくことを目的に、石巻を代表する蔵元の平孝酒造様と墨廼江酒造様、食肉卸売の杉山商店様とのコラボ商品を企画しました。
<過去の「蔵元と楽しむ会」の様子>
 

今回コラボいただいた平孝酒造様が造る「日高見」は、石巻市内を流れる北上川の昔の呼称「ひたかみがわ」に由来し名付けられたお酒で「透き通るようなキレが良い後味に加えて、柔らかさを感じる味わい」が人気です。墨廼江酒造様がつくる「墨廼江」は石巻市にある水を司る神様が祭られている墨廼江神社(現・住吉神社)に由来し名付けられたお酒で「きれいで柔らかく気品漂う風味の豊かさ」が人気です。
   


石巻商工信組からの応援コメント
石巻商工信用組合の髙橋です。しかま商店さんはコロナ禍で取引先の飲食店への売上が減少する中、地元企業とのコラボ企画など前向きに取り組んでいる姿に感銘し、微力ながらお役に立ちたく本プロジェクトへの参加をご提案させていただきました。大変でありますが、全力で支援していきますので、共に頑張りましょう!