大火の糸魚川をSmileで復興!バル街で糸魚川に元気を Supported by 糸魚川信用組合

いといがわバル街
プロジェクトオーナー

いといがわバル街実行委員会

113%

  • 現在
  • ¥226,000
  • 目標金額
  • ¥200,000
  • 購入口数
  • 44口
  • 残り日数
  • 終了
このプロジェクトは2017年10月11日 (水)までに、
200,000円以上集まった場合に成立となります。

【いといがわバル街】vol.6無事に終了致しました

2017年11月08日 20:30

この度、沢山の方にご支援頂きました いといがわバル街vol.6 無事に終了致しました。
当日は荒天〜曇りと天候はイマイチでしたが予定通り、全て行えましたのは、
当クラウドでご支援頂いた皆様をはじめ、ご参加頂いた方々、
他にも様々な形で本イベントにご協力くださいました皆々様のお陰と心より感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。

今年、行われました いといがわバル街 は、
これから本格的に始まる糸魚川の復興の一助になったと思います。
我々、実行委員会は、この先も、皆様から頂いたご支援を胸に活動して参ります。

【バル街当日の模様】
/data/blog/archive/original/39456.jpg

第1回目の開催から天津神社にて欠かさず行っている成功祈願。
生憎の空模様でしたが、実行委員会メンバー全員でSMILEを祈願しました。

/data/blog/archive/original/39452.jpg
/data/blog/archive/original/39451.jpg/data/blog/archive/original/39454.jpg

今回応援出店をして頂いた、山形県飯豊町の「賑わい再現プロジェクト」の皆さんによる
米沢牛の牛串焼き。そして更にバルの聖地函館より、
深谷シェフ率いるクラブ・ガスバリさんによる3点盛りピンチョスもお目見え。
どちらも来場者様たちを唸らせる逸品でした。

/data/blog/archive/original/39453.jpg
/data/blog/archive/original/39461.jpg
/data/blog/archive/original/39459.jpg
既にお馴染みとなった「ふるまい酒」も今回は二会場にて開催でした。
応援出店店舗の会場となった糸魚川公民館では
あるぱーじゅ函館チーズの会さんによるオリジナルチーズとワインのふるまい
更に本部併設となった、糸魚川駅前会場では魚のスリ身を使った2色団子と
地酒が振舞われた他、TV局の取材も入りました。

/data/blog/archive/original/39455.jpg
バル参加店舗様にて。どうですか?このSMILE!
左手奥のカップルさんは、なんと彼氏が東京、彼女が新潟からの参戦。
折角ならと、デート先を「いといがわバル街」に決めてくださったそうで
思わず相席になった皆さんとも意気投合!会話に花が咲きました。
こんなシチュエーションもバル街ならではです。

/data/blog/archive/original/39457.jpg
そして今回、振舞い会場及び流しで盛り上げて頂きました 三線奏者の「きよ里」さん。
素晴らしい演奏も去ることながら、キレッキレのトークも素晴らしい方でした。
なんと今回は、いといがわバル街のレポートもしてくれております。
是非ご一読下さい。
https://www.facebook.com/kiyosato.tomo/

Smileいといがわ 次回は来年春!
どうぞ楽しみにお待ちください。