着物レンタルを通して会津の魅力を全国へ! 〜会津の伝統工芸“会津木綿”の着物を仕立てたい〜 supported by 会津商工信用組合

着物レンタルを通して会津の魅力を全国へ!
プロジェクトオーナー

特定非営利活動法人 素材広場

6%

  • 現在
  • ¥17,000
  • 目標金額
  • ¥300,000
  • 購入口数
  • 9口
  • 残り日数
  • 42日
このプロジェクトは2018年3月31日 (土)までに、
300,000円以上集まった場合に成立となります。

【着物でまち歩き】食のススメ ②わっぱめし by素材広場

2018年02月09日 12:00

食のススメ

こんにちは、素材広場の齋藤です。

旅先でその土地の美味しいものを頂く。
旅の魅力のひとつです。
そこで今日は、会津の「食」をご紹介します。

 

わっぱめし

檜枝岐村には「曲輪」という伝統工芸があります。
杉や檜などの木材を薄い板状にし熱を加えながら曲げて形造るもので、
山人達の冬期間の手仕事として受け継がれてきました。

昔から農具や生活用品として使われていましたが、今では作り手の減少により貴重な伝統工芸品です。

その曲輪にご飯を入れ、上に具材を乗せて蒸したものが「わっぱめし(めっぱめし)」。

会津若松市内には「わっぱめし」をいただける食事処がいくつかあります。
定番人気の具材や季節の具材など、種類も選べるので、シェアして楽しめますよ。

着物姿で会津の食とともに伝統工芸に触れる、
有意義な時間を過ごしてみませんか。

素材広場「着物レンタル」詳細はコチラ
https://www.tabi.sozaihiroba.net/