しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「あなたの想いを会津の絵ろうそくに乗せてお届けしたい」

しんくみ新型コロナ対応事業者応援プロジェクト「あなたの想いを会津の絵ろうそくに乗せてお届けしたい」
プロジェクトオーナー

全国信用協同組合連合会

地場産 挑戦する人 地域活性化 伝統文化 文化・芸術

58%

  • 支援金額
  • ¥116,100
  • 目標金額
  • ¥200,000
  • 購入口数
  • 41口
  • 残り日数
  • 終了

このプロジェクトは、購入型プロジェクトです。
目標金額達成の有無に関わらず支援の申込みを行っていただくとプロジェクト成立となります。

選択中カテゴリー

福島民友新聞に掲載されました!

2021年07月09日 12:39

本プロジェクトが7月7日付の福島民友新聞に掲載されました!記事では、ほしばん絵ろうそく店の「伝統技術を守りたい」との想いなどが紹介されています。
福島民友新聞「みんゆうNet」にも掲載されています。
(「Yahoo!Japanニュース」にも掲載されています。)

https://www.minyu-net.com/news/news/FM20210707-633951.php


リターン①②と同じ、五匁の絵ろうそく。

少しだけですが、絵ろうそくの作業工程をご紹介します。

和紙に燈心草を巻き付けた芯に溶かしたロウを何度も塗り重ねます。
溶かしたロウを50℃ に維持するため、
季節を問わず、炭で温めながらの作業となります。


ほしばん絵ろうそく店の絵ろうそくは、すべて手描き。
1本1本心をこめて、
花の絵を描いています。


丁寧に小刀でろうそくの頭の部分を芯出しして、
ろうそくのお尻の部分を切り落とし、寸法を整えます。
絵ろうそく制作の最後の工程となり、とても繊細な作業です。


ご支援はこちらから
あなたの想いを会津の絵ろうそくに乗せてお届けしたい