住友化学の株価が低い理由は?3つの株安理由と今後どうなるか将来性から買い時を考察
悩む男性4

「住友化学の株価が低い理由は?今後どうなるか将来性を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「住友化学株の将来性が気になっている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 住友化学の株価が低い理由とその原因
  • 住友化学と同業他社を業績・株価・配当性向から比較
  • 住友化学株は今後どうなる?将来性から買い時を考察

なぜ、住友化学の株価は低いのか?

そして、住友化学の株価は今後どうなるのか?
住友化学株の購入を検討している方や株式投資のリスク分散したい方にとって、非常に気になる情報です。

気になる住友化学の株価が低い理由と今後どうなるか将来性について考察していきます。

先に結論をお伝えすると・・・

結論、住友化学の株価が低い理由は「先行き不透明感が強いこと」

今期業績は、下方修正を発表するほど急激に悪化。
さらにEPS・利益ともに成長できておらず、先行き不透明感は強まる一方です。

足元の市況も悪い、今後の見通しも暗い。

先が見通せない以上、株価が今後上がる期待値は低いと言わざるを得ない

そして、住友化学株にしても、株価の下落はいつ起こるか誰にも予測できません。

今では、物価ばかり上がって、でも給料は上がらない。
そんな先の見えない時代だからこそ、「将来への備え」は重要です。

ではどうすれば、株式投資によるリスクを抑えられるようになるのか?

住友化学に限らず、株価下落に備えておくべき「考え方」と「具体策」があります

住友化学とはどんな会社?

住友化学の株価が低い理由に触れる前に。
はじめに、住友化学とはどんな会社か?基本情報をまとめます。

会社名 住友化学株式会社
創業 1913年9月22日
本社所在地 東京都中央区日本橋2丁目7番1号 東京日本橋タワー
従業員数 単体 6,637名 (2023年3月31日現在)
連結 33,572名 (2023年3月31日現在)
資本金 89,938百万円 (2023年7月20日現在)
発行済株式 普通株式 1,656,449,145株

業績

まず住友化学の業績についてです。

事業領域

次に住友化学の事業領域は以下の通りです。

住友化学の事業領域

  • エッセンシャルケミカルズ部門
  • エネルギー・機能材料部門
  • 情報電子化学部門
  • 健康・農業関連事業部門
  • 医薬品部門

住友化学は、日本を代表する総合化学メーカーの一社。
事業は、上記5つの事業部門で構成され、幅広い産業や人々の暮らしを支える製品をグローバルに供給している会社です。

配当・株主還元

住友化学の配当・株主還元についてです。

住友化学の1株当たり配当金の推移は以下の通り。

住友化学の1株当たり配当金 中間配当 期末配当 年間配当
2023年度(予想) 6円 6円 12円
2022年度 12円 6円 18円
2021年度 10円 14円 24円
2020年度 6円 9円 15円
2019年度 11円 6円 17円
2018年度 11円 11円 22円

(出典:住友化学「株主還元・配当」

そして、株主優待制度はありません。

過去10年の株価推移

そして住友化学の過去10年の株価推移についてです。

足元の株価は軟調気味。
コロナで急落した安値に近づく勢いで、株価は低い水準まで下がっています。

なぜ、住友化学の株価は低いのか?
低い理由だけでなく、今後の株価はどうなるのか?

株主だけでなく、投資家にとっても非常に気になる局面に、差し掛かっているといえます。

足元では株価下落も起きており、今後どこまで下がるのか懸念されます。

さらに今では、物価ばかり上がって、でも給料は上がらない。
そんな先の見えない時代だからこそ、「将来への備え」は重要です。

ではどうすれば、株式投資によるリスクを抑えられるようになるのか?

住友化学に限らず、株価下落に備えておくべき「考え方」と「具体策」があります

住友化学の株価が低い3つの理由

住友化学の過去10年の株価推移を示したチャートを再掲します。

2021年中頃の高値を最後に、株価は低いまま。
2年近くずっと株価は下がり続け、ついにはコロナで付けた安値に近づく勢いです。

なぜ、住友化学の株価は低いのか?
直近2年間(2021年~)に起きた出来事と大局的な視点で株安理由を考察していきます。

【理由1】業績の赤字幅拡大&下方修正が嫌気されたから

まず足元の出来事で大きいのは「業績の赤字幅拡大&下方修正が嫌気されたから」

住友化学の2023年度の業績は、非常に悪い。
2023年に入ってからの株価急落要因の一つが、この業績の悪さにあります。

ではどれくらい悪いのか?
2023年度の業績(純利益)および前年同期比をまとめた表をご覧ください。

住友化学|純利益 1Q(4月~6月) 2Q(4月~9月) 拡大幅(2Q-1Q)
2023年度 △331億円 △763億円 -432億円
2022年度 699億円 810億円 +111億円

(出典:住友化学「決算短信」

前期の2022年度は順調に増益。
しかし、今期2023年度は赤字幅が大幅に拡大しているのがわかります。

1Qで331億円の赤字、2Qでは763億円の赤字。
わずか半年の間に、432億円もの大幅減益を計上したことになります。

さらに、今期業績の下方修正を発表
急激な業績悪化のネガティブサプライズを受けて、株価はすぐに反応。

実際、どれくらい株価は下がったのか?1Qから2Qまでの株価推移も調べると、以下の通りとなります。

住友化学|株価推移 1Q発表翌日の終値 2Q発表翌日の終値 下落率
株価 435.4円 383.9円 -51.5円(11.83%安)

(出典:Yahoo!ファイナンス「住友化学(株)」

株価は半年の間に50円以上も下落。
下落率は11.83%安となり、その後も株価は下落し続け、先が見通せない状況です。

ではなぜ、業績が急激に悪化したのか?
主な原因として、セグメント別に決算説明資料では、以下のように悪化要因を説明しています。

業績悪化の要因

  • エッセンシャルケミカルズセグメント(世界的な景気減退に伴う需要の低迷により出荷が減少)
  • 医薬品セグメント (ラツーダの独占販売期間終了に伴う出荷減)

特に影響が大きかったセグメントは「エッセンシャルケミカルズセグメント」
石油化学品の需要減少および合繊原料の事業撤退等により出荷が減少したことが、業績に大きく響いたようです。

これら市況環境の悪化により、住友化学の業績も悪化。
株価の上昇も見通せない中、どこまで下がるのか?注視する必要はありそうです。

【理由2】石油化学事業の原料高騰による原価が悪化したから

さらに株安要因として「石油化学事業の原料高騰による原価が悪化したから」

住友化学は、主に石油化学品を扱う会社です。
セグメント別の売上高構成比でみても、3割近くを石油化学事業が占めています。

ですので、石油化学事業の先行き懸念が強まれば、株価は下落します。

実際、前述の理由で説明した業績悪化の要因も、石油化学品に由来した原因が一つです。

さらに、石油化学事業に欠かせない原料。
石油化学事業は、これら主要原料である国産ナフサの価格変動にも影響を受けます。

この国産ナフサ価格が、2021年から2022年にかけて徐々に高騰した時期がありました。

高騰を受けて、住友化学の原価も悪化。
販売価格への転嫁が追いつかず交易条件が悪化したと説明し、株価も下落。

つまり、住友化学の株価が低い主たる原因が、これら主要事業の業績低迷にあるといえます。

【理由3】EPSが100円未満と低くて利益成長率も伸びていないから

そして、大局的にみると「EPSが100円未満と低くて利益成長率も伸びていないから」

EPSとは、1株当たり純利益のこと。
企業がどれだけ利益を上げたかを表す、企業価値を判断する上で重要な指標の一つです。

企業の収益力・成長性をみる指標であるため、EPSが高いと株価も上昇しやすいといえます。

このEPSについて、残念ながら住友化学は低いです。
実際、過去10年間の決算を調べても、100円未満の低水準に留まっています。

さらに、競合にあたる化学メーカー大手と比較しても、住友化学の一人負け状態なのが明白です。

化学メーカー大手
【EPS成長率比較】
2020年度 2021年度 2022年度 前期比の成長率 前々期比の成長率
住友化学(4005) 28.16円 99.16円 4.27円 -95.7% -84.8%
信越化学工業(4063) 141.35円 240.76円 347.84円 44.5% 146.1%
三井化学(4183) 298.00円 565.45円 431.17円 -23.7% 44.7%

競合はいずれもプラス成長を達成。
しかし、住友化学は成長するどころか80%以上も低下しているのがわかります。

競合と比較して、見劣りしてしまうのは否めない。
他の銘柄が魅力に映れば、住友化学の株価は低い原因になってしまっています。

さらに、住友化学株にしても、株価の下落はいつ起こるか誰にも予測できません。

ではどうすれば、株式投資によるリスクを抑えられるようになるのか?

住友化学に限らず、株価下落に備えておくべき「考え方」と「具体策」があります

住友化学と同業他社を業績・株価・配当性向から比較

ここまで、住友化学のみにフォーカスし株価や事業の将来性を解説してきました。

ただ1社のみの分析では結果に偏りが生じます。
同業他社と比較・分析することで、結果の確度はより高まります。

ここでは、住友化学と同業他社を業績・株価・配当性向から比較していきます。

化学メーカー大手の銘柄比較

まず住友化学と化学メーカー大手の銘柄比較をまとめた表が以下の通り。

比較表(2022年度) 住友化学(4005) 信越化学工業(4063) 三井化学(4183)
売上高 2兆8,952億円 2兆8,088億円 1兆8,795億円
当期純利益 69億円 7,082億円 829億円
営業利益率 -1.07% 35.54% 6.86%
自己資本比率 28.12% 81.82% 38.04%
ROE
(自己資本利益率)
0.58% 19.68% 11.06%
EPS
(1株当たり純利益)
4.27円 347.84円 431.17円
PER
(株価収益率)
104.22倍 12.29倍 7.91倍
PBR
(株価純資産倍率)
0.62倍 2.23倍 0.82倍
配当性向 421.2% 28.7% 27.8%
配当利回り 4.04% 2.34% 3.52%

※2023年3月末時点(数値はEDINETYahoo!ファイナンスから引用)

【比較1】配当利回りが4%と高い水準

まず好感しうる点は「配当利回りが4%と高い水準」

配当利回りが4%超えは高配当。
プライム市場に上場する会社の平均利回りも2.2%程度。

競合と比較しても、住友化学のみ4%を超える水準となっています。

【比較2】営業利益率はマイナスに転落

ただ懸念されるのは「営業利益率はマイナスに転落」

2022年度の決算は、1.07%のマイナス。
営業利益は△309億円で、前期比の2,150億円から大幅減益を計上。

【比較3】長らくPBR1倍割れが続くのも株価が低い原因

さらに「長らくPBR1倍割れが続くのも株価が低い原因」

住友化学は5期連続で、PBR1倍割れを記録。
競合と比較しても、際立って低い水準であることがうかがえます。

PBR推移 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
住友化学 0.84倍 0.57倍 0.92倍 0.75倍 0.62倍
信越化学工業 1.57倍 1.68倍 2.75倍 2.35倍 2.23倍
三井化学 0.91倍 0.76倍 1.13倍 0.84倍 0.82倍

そして、住友化学株にしても、株価の下落はいつ起こるか誰にも予測できません。

今では、物価ばかり上がって、でも給料は上がらない。
そんな先の見えない時代だからこそ、「将来への備え」は重要です。

ではどうすれば、株式投資によるリスクを抑えられるようになるのか?

住友化学に限らず、株価下落に備えておくべき「考え方」と「具体策」があります

住友化学株は今後どうなる?将来性から買い時を考察

ここまで、住友化学の株価が低い理由とその原因について解説してきました。

結論、住友化学の株安理由は先行き不透明感が強いこと。

今期業績は、下方修正を発表するほど急激に悪化。
さらにEPS・利益ともに成長できておらず、先行き不透明感は強まる一方です。

足元の市況も悪い、今後の見通しも暗い。

このような状況下で、株は買いか否か?
株価は今後、上昇機運を掴むことができるのか?

住友化学株は今後どうなる?将来性から買い時を考察していきます。

【考察1】2030年度の売上収益目標は1兆2,000億円

まず押さえておきたいのは「2030年度の売上収益目標は1兆2,000億円」

【考察2】カーボンニュートラルに向けた取り組みと実現可能性

次に注目すべきは「カーボンニュートラルに向けた取り組みと実現可能性」

「石油化学部門」から「エッセンシャルケミカルズ部門」へ名称変更したことを発表
カーボンニュートラルをはじめ、大きな転換期を迎えている時代の要請に応じた一環。

【考察2】デジタル革新のDXと社会変容に対応したGXの推進なるか

そして、中でも成長機会と位置づける「デジタル革新のDXと社会変容に対応したGXの推進なるか」

総合化学の力を結集し、社会課題の解決に貢献。
そのための生産性向上として、デジタル革新のDXを強く推進。

【Q&A】株価が低い住友化学の株式に関するよくある質問

最後に株価が低い住友化学の株式に関するよくある質問をまとめます。

【質問1】住友化学の株価予想はいくら?

悩む男性2

「住友化学の株価予想はいくら?」

【質問2】住友化学株に株主優待はある?

悩む男性2

「住友化学株に株主優待はある?」

【質問3】住友化学はテンバガーの候補銘柄?

悩む男性2

「住友化学はテンバガーの候補銘柄?」

まとめ:住友化学の株価が低い理由と今後どうなるか考察

住友化学の株価が低い理由と今後どうなるか考察してきました。

改めて、住友化学の株価が低い理由をまとめると、

住友化学の株価が低い理由

  1. 業績の赤字幅拡大&下方修正が嫌気されたから
  2. 石油化学事業の原料高騰による原価が悪化したから
  3. EPSが100円未満と低くて利益成長率も伸びていないから